Biography - elenashirin fine art photography

Vai ai contenuti

Menu principale:

Biography

YOSHIAKI NAGASHIMA
 

長島義明の略歴


    日本写真家協会会員 文化庁芸術家在外研修員の会会員


1942年ー大阪生まれ


1966年ーこの年より海外撮影旅行を始める
     アジア、インド、中近東,エジプトを回り、その後パリに拠点をを置き、写真を売りながら
  ヨーロッパ各 国,モロッコなどを撮影。1年半後、帰国


1968年ー結婚、スイス,チューリッヒに住み長女誕生
     スイス、チューリッヒを拠点にヨーロッパ各国撮影

1969年ー1月、妻と子供を日本、大阪に帰し、ギリシャ、トルコ、イランを撮影
      イラン、テヘランで車にはねられ入院、3日後目覚める。その後ネパールに行き休養、
     そして帰国。 
  その後、カナダ、アメ リカ、中南米、アフガニスタン,アフリカ、中国、ソ連、モンゴル、 
 オーストラリア、  南太平等、と毎年、世界各地をめぐる

1970年ー大阪万国博覧会を撮影。写真集「日本万国博覧会、建築と
  造 形」黒川紀章監修、ノーベル書房。を出版

1977年ーアフガニスタン各地を45日間撮影

1984年ー初めての個展「人間の旅」を東京、麻布のペンタックスホーラムで行う。
     それを見たアメリカ人の実業家、ロバート、ホワイト氏により、アーク インターナ
     ショナル社から写真集「ONE  WORLD ONE    PEOPLE」が英語版、日本語版で
     出版される。後に「ONE  WORLD  ONE  CHILD」も同社から出版される

1985年ー写真集「ONE  WORLD  ONE  PEOPLE」がアメリカ芸術雑誌協会最優秀賞を受賞 。

      アメリカの出版社の企画で、世界100人の写真家によるイベント「日本の24時間」の写真  
   家の一人に選ばれ参加撮影 する。

1987年ー文化庁より芸術家在外研修員に選ばれフランス、パリに派遣、1年間滞在

1993年ーキューバ、ハバナにてフィデル、カストロ議長を撮影。
  その後キューバ政府の  招待で車、運転手、通訳、ホテル、食事など無料で20日間
   キューバ各地撮影

1995年ー阪神大震災を撮影。写真集「阪神大震災」バーズアイ出版社
     写真展「阪神大震災」を大阪、神戸、東京、ニューヨーク、イラン、ほか各地で行う

1996年ー北朝鮮を撮影。

1998年ー8月、阪神大震災で被災した子供6人(8歳から13歳)をスリランカに招待して
     井戸堀りをし、井戸を完成する、21日間。被災した子供たちを勇気ずけるためにした
     行為で、写真展の会場で呼びかけ、それに応募して来た子供たちである。

2000年ー中国、北京を撮影するイベント、「世界の写真家50人が撮影する北京」に中国政府
     から招待される。写真集「北京」に写真とプロフイルが掲載される

2001年ー政治家、元首相羽田孜、石原伸晃,河村たかし 起業家、ソフトバンクの孫正義、HIS
     旅行の澤田、パソナの南部 達と世直し時代劇「よみがえれ松陰」に出演、役は幕末の
     写真家、上野彦馬。 この劇は2年に一度、今も続いている、演目は毎回変わる
     2003年は「敬天愛人、隆盛のごとく」2005年は「幕末、早慶戦ー福沢諭吉と大
     隈重信」2007年9月には「高杉晋作」であった。後に写真展「平成維新の侍達」を 行う。

2001年10月ーアメリカのアフガニスタン空爆を切っ掛けに、写真展「平和だった頃のアフガニ
        スタン」を東京、大阪、広島、長野、高知、京都、神戸、岡山  沖縄,別府、金沢 など日本  
  各地30カ所で行う

2003年ー北朝鮮による拉致事件が表面化した事により、写真展「38度線を越えてー北朝鮮ー」
     を大阪、東京、京都で開催

2003年9月ー阪神タイガースが優勝、写真展「阪神、虎ファン大集合」を開催
       写真は田原総一郎、太田大阪府知事、ダンカン、音武、枝野衆議院、岡田真理子
       横山ノック、等、有名人多数 、これはディリースポーツ新聞に連載しました。

2005年ー北京オリンピックを開催する北京の変貌する姿を撮影する、中国、北京市のイベント
     「世界の写真家10人が撮影する北京」に選考され、招待作家として北京を撮影。

2006年ー5月、別府市で行われた、国連60周年記念イベント、国際平和映画祭の特別招待作家
     として同会場で写真展「平和だった頃のアフガニスタン」および、講演を行う

2006年ー
  7月から8月にかけて、ロシア、モスクワの実業家、イワン氏の招待により、極東ロシア、     
  サハリン島の北西にある無人島シャンタールに行く。熊の多い自然いっぱいの 島で
  1メートルもあるマス、シャケが幾らでも釣れる釣りキチには夢の島

2007年ー金沢国際文化センターにて写真展「平和だった頃のアフガニスタン」

2008年ー1月7日~2月29日、長島義明個展、ギャラリー「閑花」にて
    2月7日~3月2日、写真展「アフガニスタン」、伊丹市工芸センターにて
    7月20日より、大阪、京町堀のギャラリー松井にて個展
2008年ー3月豊岡市立図書館で「長島義明の目」写真展、講演会

2009年8月ー大阪、京阪デパートにて写真展「アフガンからの風」と「 長島義明の世界」同時開催
2010年7月から11月にかけて大阪国際平和センターにて写真展「アフガニスタン」開催
2010年10月ーアフガニスタン大使館(東京)にて写真展「アフガンからの風」と講演会開催
2010年10月ーJAICA地球広場にて「アフガンからの風」写真展
2011年6月ー大阪西区京町堀、ギャラリー TOON(陶音)にて写真展「東日本大震災、津波 その傷跡」
2011年7月ー34年ぶりにアフガニスタンを再訪する。
2011年8月ー奈良、薬師寺 玄奘三蔵院にて「アフガンからの風」写真展


出版ーーー「アフガンからの風」、「One   World   One   People」、「One   World   One   Child」 「阪神大震災」,
     「ヨーロッパの城」、「日本万国博覧会ー建築と造形ー」、その他



CDーーー「ベニス幻想」「世界の子供達」「阪神大震災」
個展ーーー「平和だった頃のアフガニスタン」「38度線を越えてー北朝鮮ー」
    「キューバ」「アメリカの大地」「パリ」「阪神大震災」「世界の子供たち」など多数

受賞ーーーアメリカ芸術雑誌協会最優秀賞



Biografia



Yoshiaki Nagashima nasce nel 1942 ad Osaka, dove si laurea nel 1963 in fotografia. Nagashima appartiene a quella generazione di fotografi giapponesi nati durante la Seconda Guerra Mondiale che,
con la loro opera, hanno contribuito ad un rinnovamento della fotografia, combinando lo spirito della tradizione giapponese all’ influenza della fotografia umanista europea.

Non appena laureatosi, Nagashima rimane per alcuni anni in Giappone, per poi intraprendere una serie di viaggi che lo porteranno infine, in qualità di fotografo freelance, al di fuori del proprio paese. Durante la sua lunga carriera ha visitato e immortalato ben oltre 110 paesi nel mondo.
Con la sua fotografia, Nagashima traccia un profilo della quotidianità delle persone che incontra -uomini, donne e bambini- come reporter della vita d’ogni giorno.
Nagashima, infatti, non si limita ad un’ esclusiva documentazione della realtà, ma con i suoi scatti conferisce un sapore di inattesa poesia alla quotidianità più semplice ed umile.
Tra i soggetti da lui immortalati si contano figure di rilievo nella storia del Novecento, quali Fidel Castro, Alberto Korda, Indira Gandhi e,
più recentemente, il presidente dell’Afghanistan H. Karzai.

Il suo sguardo sensibile gli è valso numerosi riconoscimenti internazionali, tra i quali il prestigioso American Art Magazine Association Award nel 1985
e l’invito a partecipare nel 2006 al 60° "Peace International Film Festival", presso le Nazioni Unite, con una mostra fotografica ed una conferenza.
Oltre che fotografo, Nagashima è parimenti autore di molteplici libri, tra i quali “One World One People, a Collection of Photographs & Essays on the Power of Human Experience”, “Il grande terremoto di Hanshin” (che documenta l’orrore del più violento terremoto che colpì il Giappone nel 1995, distruggendo la città di Kobe) e “Vento d’Afghanistan” (un reportage sull’Afghanistan del 1977,
in un tempo di pace, al quale farà seguito un documentario girato
dallo stesso Nagashima nel 2011).

Nagashima è tutt’oggi insegnante di fotografia e professore presso la Scuola Superiore di Fotografia e Cinema di Osaka.
Tiene regolarmente conferenze sulla propria esperienza umana in qualità di fotografo ed è attivo nella promozione dei diritti umani e della pace.
Ha documentato, a distanza di pochi mesi, il disastro di Fukushima del marzo 2011, recandosi nella zona colpita e realizzando in seguito una mostra didattica
ad Osaka, attualmente itinerante nelle capitali giapponesi.



Torna ai contenuti | Torna al menu